I.A.Co.,Ltd(株式会社アイ・エース)は、福岡県福岡市博多区のインテリアショップI.F.Q.d.(アイ・エフ・キュー・ディー) / Object C.P.H.FUKUOKA(オブジェクトコペンハーゲン フクオカ)と、長崎県諫早市のインテリアショップIZUMI FURNITURE(イズミファーニチャー)、そして、長崎市大波止の北欧家具専門ショップObject C.P.H. NAGASAKI(オブジェクトコペンハーゲン ナガサキ)を運営している会社です。

"春のギャッベ展"開催!! 3月31日(土)〜4月8日(日)

2018年3月15日 15:47 update
今回で3回目!
毎回、グレードアップしている"ギャッベ展"!!

20180315-1.jpg


今回も、もちろん沢山のギャッベが店内を埋めつくします!

ギャッベは呼吸をする素材【羊毛】を使用しているため、
夏は涼しく、冬は暖かくなるじゅうたんです。

これから、少しずつ暖かくなる季節でもピッタリなんです!
その手触りを感じてください!



そして、今回特別展示するゾランヴァリ「ギャッベ」が3月13日に放送されたTBSテレビマツコの知らない世界」紹介されました!
「日本のペルシャ絨毯の半分を流通させる女性」として紹介された大熊直子さんがギャッベの魅力を余すことなく熱く語っていました!!

番組のことがコチラで少し紹介されています!


そこでも少し語られていましたが、その良さをおさらい。

ギャッベも数多くございますが、イズミファニチャーで取り扱う
【ゾランヴァリ社】のギャッベはその品質が違います。
圧倒的に高品質で美しく織られたギャッベは、
全て女性の手により織られています。


ギャッベ02.jpg

その柄は様々で、同じものはひとつとして存在しません。
ゆえに、ギャッベとは世界でひとつだけの絨毯ということになります。
展示予定の絨毯も、もちろん同じものはなく、
一枚一枚「柄」も「風合い」も違います。
一年中快適に過ごす事が出来るギャッベ。
100%天然素材の手織り絨毯です。




そもそもギャッベとは・・・
織り子1.jpg
南ペルシア(イランの高原南西部)の遊牧民族「カシュガイ族」に
よって織り続けられている手織りの絨毯です。
丈夫さや使い勝手だけでなく、暮らしを彩るアートとしても人気があります。

その秘密は、
【100年以上長持ちする耐久性】
手で撚った糸でさらに手織りされるのでかなりの耐久性を持っています。

【夏は涼しく、冬は暖かい】
羊毛(ウール)は驚くほど優れた調湿効果を備えています。夏は寝転がってもべとべとせず、冬は暖かい空気を溜め込み保温性に優れています。

【天然100%優しい色あいの草木染め】
ギャッベの染色は全て植物から色を作り出した草木染めです。豊かで艶やかで飽きがこず、時間が経つにうれて美しい色合いに変化していきます。


色とりどりのギャッベが揃っています!
以下の写真は、前回開催の店内の様子です。
前回と違い商品が納品される予定ですの同じ柄はございません。
あらかじめご了承ください。

スクリーンショット 2018-03-15 15.54.40.png

スクリーンショット 2018-03-15 15.54.55.png

スクリーンショット 2018-03-15 15.54.13.png


スクリーンショット 2018-03-15 15.54.21.png


3月31日より開催いたしますので、お楽しみに!!




〜お知らせ〜

20180309-3.jpg


2018年4月より店休日の変更がございます。
毎週火曜日の店休日に加えまして、
第1・3水曜日も店休日とさせていただきます。
祝祭日の場合は営業いたします。
(*3月は通常どおり毎週火曜日のみ店休日となります)
ご来店のお客様にはご迷惑おかけ致しますが、
何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。